fbpx

例えば、このような課題をお持ちの事業責任者・HRBP・人事・経営者の皆さまへ

課題@4x

後手に
回っている...

部下の変化になかなか気づけない。そもそも気付くこと自体が難しくなっている。気付いた時にはもう手遅れ。

違う。
ズレている...

部下とのコミュニケーションがズレている。現場のマネジャーが部下から信頼されていない。本当は補助が必要なのだが...

何が起こっているのか、
見えない...

現場の上司と部下の間で一体何が起こっているのか...真実が見えない。組織・人をきちんとウォッチし続ける必要性を感じるが...面談し続ける時間は無い。

研修をやってはいるが、
実効性が...

研修はやっている。貴重な時間を削って集まって。またはオンラインで。しかし、現場はもっとスピーディーで生々しいわけで。

測っても、打てる手は
限られている。

満足度、エンゲージメント、モチベーション...いくら測っても、現実的にとれる手は限られている。実効性のある有効な手がない。

とにかく、
現場の実態を変えたい。

人事制度との兼ね合いや、足並み...重要なことはわかるが、いまできる範囲で現場の実態を変えなければ。

例えば、このような課題をお持ちの事業責任者・HRBP・人事・経営者の皆さまへ

課題@4x

後手に
回っている...

部下の変化になかなか気づけない。そもそも気付くこと自体が難しくなっている。気付いた時にはもう手遅れ。

違う。
ズレている...

部下とのコミュニケーションがズレている。現場のマネジャーが部下から信頼されていない。本当は補助が必要なのだが...

何が起こっているのか、
見えない...

現場の上司と部下の間で一体何が起こっているのか...真実が見えない。組織・人をきちんとウォッチし続ける必要性を感じるが...面談し続ける時間は無い。

研修をやってはいるが、
実効性が...

研修はやっている。貴重な時間を削って集まって。またはオンラインで。しかし、現場はもっとスピーディーで生々しいわけで。

測っても、打てる手は
限られている。

満足度、エンゲージメント、モチベーション...いくら測っても、現実的にとれる手は限られている。実効性のある有効な手がない。

とにかく、
現場の実態を変えたい。

人事制度との兼ね合いや、足並み...重要なことはわかるが、いまできる範囲で現場の実態を変えなければ。

例えば、このような課題をお持ちの事業責任者・HRBP・人事・経営者の皆さまへ

課題@4x

後手に回っている...

部下の変化になかなか気づけない。そもそも気付くこと自体が難しくなっている。気付いた時にはもう手遅れ。

違う。ズレている...

部下とのコミュニケーションがズレている。現場のマネジャーが部下から信頼されていない。本当は補助が必要なのだが...

何が起こっているのか、見えない...

現場の上司と部下の間で一体何が起こっているのか...真実が見えない。組織・人をきちんとウォッチし続ける必要性を感じるが...面談し続ける時間は無い。

研修をやってはいるが、実効性が...

研修はやっている。貴重な時間を削って集まって。またはオンラインで。しかし、現場はもっとスピーディーで生々しいわけで。

測っても、打てる手は限られている。

満足度、エンゲージメント、モチベーション...いくら測っても、現実的にとれる手は限られている。実効性のある有効な手がない。

とにかく、現場の実態を変えたい。

人事制度との兼ね合いや、足並み...重要なことはわかるが、いまできる範囲で現場の実態を変えなければ。

KAKEAIは、科学とテクノロジーを用いて、
属人的でブラックボックス化しがちな、
ミドルマネジメント層の部下に対するピープルマネジメントを変えることで、
リテンションや組織パフォーマンス最大化を支援します。

1
白四角脳@4x-8

脳科学等で、人に対する正しい理解をサポート。さらに、一人ひとりへのマネジメントの肝をアドバイス。

read more

2
白四角ベル@4x-8

一人ひとりの状態をタイムリーに捉えることをサポート。さらに、状態や一人ひとりの特性を踏まえて対応方法をレコメンド。

read more

3
白四角ナレッジ@4x-8

それぞれのマネジャーに眠る貴重なナレッジを、全てのマネジャーで共有し合える状態を創出。

read more

4
白四角グラフ@4x-8

KAKEAIに蓄積される、超具体的かつ定量的な「現場の実態」データを端的に可視化し、周囲が適切に支援できる状態を創出。

read more

1
白四角脳@4x-8

脳科学等で、人に対する正しい理解をサポート。さらに、一人ひとりへのマネジメントの肝をアドバイス。

まず始めに、現場のマネジャーとメンバーの皆さまに、脳科学の視点で開発された約10分の簡単なセルフアセスメントを実施していただきます。
このセルフアセスメントから、ピープルマネジメントにおいて重要な意味を持つ、人の特性を可視化します。
※可視化する項目:「仕事においてどのような欲求を持っているのか」「仕事において、どのような気持ちや状態の時に力を発揮しやすいのか」「どのような仕事の種類や場面でストレスを感じるのか」「仕事において、どのようなことを重視するのか」
このデータの解析結果から、KAKEAIが、マネジャーの皆さまへは「メンバー一人ひとりと自分自身の特性の違い」「メンバー一人ひとりの力の引き出し方」などをアドバイスします。
メンバーの皆さまは、チームメンバー同士でお互いの特性の違いを確認し合うこともできます。

2
白四角ベル@4x-8

一人ひとりの状態をタイムリーに捉えることをサポート。さらに、状態や一人ひとりの特性を踏まえて対応方法をレコメンド。

価値観のギャップ拡大やオンライン・リモートなどの働き方の変化などにより、メンバーの状態をタイムリーに捉えることは容易ではありません。むしろ、メンバー同士の方がお互いの変化に気付いています。KAKEAIにはメンバー同士の日常の“気付き”を拾い上げ、マネジャーへお知らせする機能があります(例えば部長などマネジャーの上司にあたる皆さまや、事業責任者・人事など全体の改善や管理を担われる皆さまも確認できます)これだけでもピープルマネジメントの効果・効率を改善するための有効な手段になり得ますが、もちろんそれだけではありません。KAKEAIが「メンバーが陥っている状況」「そのメンバーの特性」「マネジャーの特性」の各データから、マネジャーに対して『有効な対応/有効では無い対応』をレコメンドします。

3
白四角ナレッジ@4x-8

それぞれのマネジャーに眠る貴重なナレッジを、全てのマネジャーで共有し合える状態を創出。

個々のマネジャーに眠るマネジメントのナレッジは、企業にとって重要な資産です。
KAKEAIには、メンバーにとって効果的だったマネジャーとしての関わり方をナレッジとして蓄積し、全てのマネジャーが必要とするタイミングで参考にすることができる仕組みがあります。
マネジャー個人の経験や、マネジャー個人の力を組織全体の力へ昇華させ、組織としてミドルマネジメントの力を積み上げることをお手伝いします。

4
白四角グラフ@4x-8

KAKEAIに蓄積される、超具体的かつ定量的な「現場の実態」データを端的に可視化し、周囲が適切に支援できる状態を創出。

KAKEAIは、主に現場のマネジャーとメンバーの皆さまにご利用いただきますが、現場のマネジャーとメンバーの皆さまにご利用いただく過程で日々『現場の実態』が蓄積されていきます。
それらのデータを用いて、組織全体を改善する役割を担う皆さま(例えば、事業トップの皆さま・マネジャーの上司にあたる皆さま・人事の皆さまなど)専用の画面では“具体的”かつ“定量的”にチームや人の状態を掴んでいただくことができます。
ますます難しくなるピープルマネジメント。一つひとつのチーム、一人ひとりの大切なメンバー、一人ひとりのマネジャーを、周囲が効果的に支援できる状態をつくります。

KAKEAIは、
科学とテクノロジーを用いて、
属人的でブラックボックス化しがちな、
ミドルマネジメント層の部下に対するピープルマネジメントを変えることで、
リテンションや組織パフォーマンス最大化を支援します。

1
白四角脳@4x-8

脳科学等で、人に対する正しい理解をサポート。さらに、一人ひとりへのマネジメントの肝をアドバイス。

read more

2
白四角ベル@4x-8

一人ひとりの状態をタイムリーに捉えることをサポート。さらに、状態や一人ひとりの特性を踏まえて対応方法をレコメンド。

read more

3
白四角ナレッジ@4x-8

それぞれのマネジャーに眠る貴重なナレッジを、全てのマネジャーで共有し合える状態を創出。

read more

4
白四角グラフ@4x-8

KAKEAIに蓄積される、超具体的かつ定量的な「現場の実態」データを端的に可視化し、周囲が適切に支援できる状態を創出。

read more

1
白四角脳@4x-8

脳科学等で、人に対する正しい理解をサポート。さらに、一人ひとりへのマネジメントの肝をアドバイス。

まず始めに、現場のマネジャーとメンバーの皆さまに、脳科学の視点で開発された約10分の簡単なセルフアセスメントを実施していただきます。
このセルフアセスメントから、ピープルマネジメントにおいて重要な意味を持つ、人の特性を可視化します。
※可視化する項目:「仕事においてどのような欲求を持っているのか」「仕事において、どのような気持ちや状態の時に力を発揮しやすいのか」「どのような仕事の種類や場面でストレスを感じるのか」「仕事において、どのようなことを重視するのか」
このデータの解析結果から、KAKEAIが、マネジャーの皆さまへは「メンバー一人ひとりと自分自身の特性の違い」「メンバー一人ひとりの力の引き出し方」などをアドバイスします。
メンバーの皆さまは、チームメンバー同士でお互いの特性の違いを確認し合うこともできます。

2
白四角ベル@4x-8

一人ひとりの状態をタイムリーに捉えることをサポート。さらに、状態や一人ひとりの特性を踏まえて対応方法をレコメンド。

価値観のギャップ拡大やオンライン・リモートなどの働き方の変化などにより、メンバーの状態をタイムリーに捉えることは容易ではありません。むしろ、メンバー同士の方がお互いの変化に気付いています。KAKEAIにはメンバー同士の日常の“気付き”を拾い上げ、マネジャーへお知らせする機能があります(例えば部長などマネジャーの上司にあたる皆さまや、事業責任者・人事など全体の改善や管理を担われる皆さまも確認できます)これだけでもピープルマネジメントの効果・効率を改善するための有効な手段になり得ますが、もちろんそれだけではありません。KAKEAIが「メンバーが陥っている状況」「そのメンバーの特性」「マネジャーの特性」の各データから、マネジャーに対して『有効な対応/有効では無い対応』をレコメンドします。

3
白四角ナレッジ@4x-8

それぞれのマネジャーに眠る貴重なナレッジを、全てのマネジャーで共有し合える状態を創出。

個々のマネジャーに眠るマネジメントのナレッジは、企業にとって重要な資産です。
KAKEAIには、メンバーにとって効果的だったマネジャーとしての関わり方をナレッジとして蓄積し、全てのマネジャーが必要とするタイミングで参考にすることができる仕組みがあります。
マネジャー個人の経験や、マネジャー個人の力を組織全体の力へ昇華させ、組織としてミドルマネジメントの力を積み上げることをお手伝いします。

4
白四角グラフ@4x-8

KAKEAIに蓄積される、超具体的かつ定量的な「現場の実態」データを端的に可視化し、周囲が適切に支援できる状態を創出。

KAKEAIは、主に現場のマネジャーとメンバーの皆さまにご利用いただきますが、現場のマネジャーとメンバーの皆さまにご利用いただく過程で日々『現場の実態』が蓄積されていきます。
それらのデータを用いて、組織全体を改善する役割を担う皆さま(例えば、事業トップの皆さま・マネジャーの上司にあたる皆さま・人事の皆さまなど)専用の画面では“具体的”かつ“定量的”にチームや人の状態を掴んでいただくことができます。
ますます難しくなるピープルマネジメント。一つひとつのチーム、一人ひとりの大切なメンバー、一人ひとりのマネジャーを、周囲が効果的に支援できる状態をつくります。

KAKEAIは、科学とテクノロジーを用いて、属人的でブラックボックス化しがちな、ミドルマネジメント層の部下に対するピープルマネジメントを変えることで、リテンションや組織パフォーマンス最大化を支援します。

1
白四角脳@4x-8

脳科学等に基づき、
マネジャーへそれぞれのメンバーへの最適な関わり方をアドバイス

read more

2
白四角ベル@4x-8

メンバーの最新状況を拾い上げ、
マネジャーへその状況に合わせた対応方法をレコメンド

read more

3
白四角ナレッジ@4x-8

ピープルマネジメントのナレッジを組織全体で活用できる状態を創出

read more

4
白四角グラフ@4x-8

現場マネジャーと部下の間の実態を、
具体的かつ定量的にレポート

read more

お電話またはメールにて
アポイントの日程調整をさせていただきます。

KAKEAIβ版(無料)に関心をお持ちいただきまして誠にありがとうございます。プライバシーポリシーをご確認いただき、下記フォームを入力・送信してください。アポイント日程調整のために、担当よりお電話またはメールにてご連絡させていただきます。
※KAKEAIβ版(無料)は、ご利用いただく各企業様にとって、本サービスをより価値のあるものへと継続的に進化させていく目的で、サービス改善のご要望把握やサポート等の対応をできる限り可能にするために、社数を限定してご提供しております。

プライバシーポリシー